良質な睡眠はこれで完璧!

良質な睡眠がとれる服装

 

あなたは眠る時にどのような服装で寝ていますか?

 

寝る時の服装といえばパジャマですよね。

 

睡眠時パジャマを着て寝るという方以外に、スウェットやジャージ等のいわゆる部屋着で睡眠をとるという方も大勢おられます。

 

みなさん睡眠時の服装はあまり気にしていないようにみえます。

 

しかし、「睡眠時の服装によって良質な睡眠をとれるようになったり、逆にイライラして眠れなくなる」という事実を知っている人はあまりいないようです。

 

寝る時の服装は軽く見られがちになっているんですよね。

 

では、良く眠るための服装として一番適したものは何でしょうか?


最も睡眠に適した服装は

結論から言ってしまいます。

 

イライラして眠れない状態を回避して良質な睡眠をとるために最も適した服装は「パジャマ」です。

 

「スウェットやジャージの方がいいよ」という方もおられる方もおられると思います。

 

そういった方はただ単にスウェットやジャージを着慣れているというだけです。

 

寝る時にスウェットやジャージで寝ておられる方々にパジャマを着て寝てもらうと、

 

「いつもよりぐっすり眠れた」

 

「すぐ眠りに落ちた」

 

「目覚めがよかった」

 

など、ほとんどの人からポジティブな反応が返ってきます。

 

スウェットやジャージで寝ている人には今すぐにでもパジャマを着て寝るようにしてほしいのですが、

 

「パジャマで寝るべき根拠を知りたい」という方のために、

 

なぜパジャマがイライラして眠れない夜を回避して良い眠りをとるために適した服装なのかをお話したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

スウェット、ジャージはいつ着るためのもの?

 

ジャージは何する時のために作られているのでしょうか?

 

ジャージは耐久性、伸縮性のある厚手のメリヤス編みの生地で、スポーツに適した生地で出来ています。汗を吸い取りにくいという性質があります。

 

では、スウェットは?

 

スウェットはスポーツ競技の前後やトレーニングのときなどに着るトレーニングウェアです。ジャージの汗を吸い取りにくいという性質を補うために開発されました。

 

つまり、スウェットもジャージも寝るために開発されたものではありません。

 

スポーツをする時のために開発された服装なんです。

 

両方共動きやすいという性質があるので、多くの人が部屋着にしています。

 

そのままで外出することもできます。

 

しかし、スポーツをしている時と、寝る時に着る服に求められている機能は全く違うものです。

 

スポーツをする時のために必要な服の機能が睡眠時に必要というわけではありません。

 

スポーツのための服にはスポーツに求められる機能を。

 

上質な眠りのためには上質な眠りに求められる機能をもった服を着る方が良いのです。


汗の吸収、発散に優れている

 

パジャマがイライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠に適しているポイントの1つめは汗の吸収、発散に優れているということです。

 

200cc。

 

これは寝ている間にかく汗の量です。

 

コップ1杯以上の汗をかいているんですね。

 

想像してください。

 

パジャマにコップ1杯の水をこぼしてしまった場面を。

 

大惨事ですよね。

 

ましてや、コップの水をこぼして、びしょ濡れになった服を着たまま寝れるはずがありません。

 

パジャマは吸湿性や通気性が良いので、コップ1杯の汗を素早く吸収し、そして発散してくれます。

 

 

イライラして眠れない夜を回避して良い眠りができるように、気持ちいい状態を朝までキープしてくれるんです。

 

 

 

 

オススメのパジャマの生地は

 

1位 シルク(絹)

 

通気性、汗の吸収・発散機能にとても優れています。それだけでなく、適度な保温、保湿性もあるので1年中使用することができます。肌触りがとても気持ちが良く、肌への負担がとても少ないので、敏感肌やアトピーなどの症状をお持ちの人にオススメです。

 

2位 コットン(綿)

 

綿100%のパジャマも汗の吸収・発散性に優れています。さらに柔らかくて動きやすいのも特徴です。オーガニックコットンを使っているものは肌触りが優しいので、敏感肌の人や小さいお子さんにオススメです。

 

 

 

 

化学繊維のパジャマは安く手に入りますが、肌への刺激が強いためおすすめしません。どうしてもという方は、化学繊維の割合が少なめのものを選んだほうが「良い眠り」をとることができると思います。

 

 

汗は夏だけかくように思ってしまいますが、厚着をしたり、布団が厚くなったり、電気毛布を使ったりする冬も汗をかきます。

 

冬こそ通気性、汗の吸収・発散機能に優れたパジャマを着るべきです。

 

汗を吸ってくれないジャージや、汗を発散してくれないスウェットなどでは湿気と熱がこもってイライラして眠れない原因になってしまうので、良い眠りのためにパジャマを着て寝ることが大切です。

 

 

 

スポンサーリンク

締め付けや縫い目によるストレスがない

 

パジャマは睡眠時に身体にかかるストレスを極力抑えるように作られています。

 

基本的にパジャマは生地が薄く縫い目も眠りの邪魔にならないように作られています。

 

身体と生地の間に快適なスペースが空くように作られているためストレスを感じずに済みます。

 

 

また、パジャマ以外の服は色々な部分の締め付けを感じてしまいます。

 

特にウエストや足首、女性の場合はナイトブラなどで締め付けを感じたまま寝ることになります。

 

ジャージやスウェットはウエスト、足首、手首の締め付けが強めです。

 

ウエストや足首の締め付けがキツイと血行が悪くなり、足のむくみの原因になります。

 

さらに、血行が悪くなると、疲れが取れにくくなります。

 

女性はナイトブラを着けて寝る人が多いと思いますが、ブラを着けているということはずっと締め付けられている状態になっているので、自分ではさほど気にしていなくても身体は十分にストレスを感じています。

 

 

 

 

足元が寒いからといって靴下を履いたままで寝ることもオススメしません。

 

足首を締め付けてしまい、血行が悪くなり、足の指先まで血液が回りにくくなって冷え性になってしまいます。

 

 

その結果、朝に目が覚めても疲れが残ってしまい、ダルい1日のスタートになってしまいます。

 

 

締め付けや様々な抵抗のないパジャマを着ることでイライラして眠れない原因を排除し、良く眠れるようになります。


睡眠スイッチをオンにできる

 

これはほとんど意識したことがないと思います。

 

寝る前にパジャマに着替えると、

 

「さあ、寝るぞ!」という意識が強く働きます。

 

起きている時間と眠る時間のメリハリがつくんです。

 

毎日、寝る前に決まった行動をとることで、睡眠のスイッチがONになります。

 

これを「スリープ・セレモニー」又は「入眠儀式」と呼びます。

 

パジャマに着替えるという行動も、この「スリープ・セレモニー」になります。

 

パジャマに着替えたら寝るしかないですよね?

 

無意識のうちに身体が睡眠モードになるんですね。

 

毎日パジャマに着替える習慣が付けば、スムーズに眠りに就けるようになります。


最後に

いかがでしたか?

 

意外と知られていない良質な睡眠とパジャマの関係でした。

 

もしタンスの奥に昔着ていたパジャマが眠っているのなら、今日からそのパジャマで睡眠をとってみるのはいかがですか?

 

きっと良質な睡眠をとることができ、ぐっすり眠ってスッキリ目覚めることができるようになりますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 
良質な睡眠のための寝具 睡眠のためのバスタイム オススメのサプリメント サイトマップ