良質な睡眠はこれで完璧!

睡眠でダイエットできる!?

 

例外なくみんなが毎日すること。

 

そう、睡眠です。

 

そして、大多数の人が試みるも失敗してしまうもの。

 

ダイエット

 

何もしなくても痩せればいいのに。と誰もが望みます。

 

寝ているだけで痩せる夢のような方法があればいいのにっ!

 

痩せれます!

 

と、言うのは言い過ぎですが、良質な睡眠をとることによって少なくても痩せやすい体質にはなれます。

 

しっかりとした良質な睡眠をとることによって、痩せやすい体質になって、ダイエット効果を得ることができるようになります。

 

どのような睡眠が痩せやすい体質になるんでしょうか?

 

そのダイエット効果のある良質な睡眠のとりかたを紹介したいと思います。


睡眠ダイエットのカラクリ

 

でも、なぜ良質な睡眠をとるだけでダイエットすることができるんでしょう?

 

普通に考えれば、単に寝ているだけですからダイエットにつながるはずはありませんよね。

 

普通は「運動=ダイエット」ですよね。

 

「寝てばかりいたら太る」というイメージが強すぎて、「睡眠=ダイエット」とは考えることができないと思います。

 

ポイントは「良質な睡眠」というところです。

 

「悪質な睡眠」をとる習慣がついている人は、寝ていてもダイエットにはつながりません。

 

「良質な睡眠」こそがダイエットにつながるんです。

 

ではなぜ、「良質な睡眠」がダイエットにつながるのか、そのカラクリというかメカニズムを見てみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

胃腸が活発に働くようになる

 

夜型の生活を続けていると寝る時間が毎日バラバラになってしまいます。すると、良質な睡眠がとれなくなってしまうんですよね。

 

良質な睡眠がとれないと、自律神経が徐々に乱れてきます。

 

自律神経が乱れてくると、それにともなって胃腸の働きが悪くなります。

 

胃腸の働きが悪くなるということは、食べたものを十分消化できなくなってしまうということです。

 

十分に食べ物を消化できなくなると、食べ物からの栄養の吸収が悪くなってしまいます。

 

すると、十分に消化しきれなかった余分な脂肪が体にたまっていってしまいます。

 

 

 

 

一見、たくさん消化吸収された方が太るような感じがしますが、

 

実は、それは間違いで、きちんと食べ物を消化吸収した方がダイエットしやすい身体になるんです。

 

胃腸の働きを活発にすることで、きちんと消化吸収できるダイエットしやすい身体になるんですね。

 

そのためにも「良質な睡眠」がダイエットにとって大切になるんです。

 

 

そして、「良質な睡眠」をとり、自律神経を整えて、胃腸の働きを良くすると、消化の際にエネルギーを大量に使うことになります。

 

代謝が増えることになります。

 

さらにダイエットしやすい身体になるということですね。

 

胃腸の働きが良くなると、便通が良くなって身体の中がキレイになるという効果もあります。

 

 

 

 

「良質な睡眠」をとるというシンプルな方法が効果的にダイエットにつながっていることに驚かされます。

 

 

眠りとダイエットしやすい胃腸の関係は

 

余分な脂肪がたまりにくくなる

 

消費エネルギーが増え、代謝が上がる

 

便通が良くなる

 

という感じになります。

 

 

胃腸の働きを良くするには、暴飲暴食したり、消化の悪いものを食べたりするのはもちろん良くありませんが、しっかりと眠ることも大切なことなんです。


食欲が抑えられるようになる

 

食欲を増進させるホルモンと、食欲を抑える働きのあるホルモンがあるのをご存知ですか?

 

食欲を増進させるホルモンは「グレリン」というものです。

 

食欲を抑えるホルモンは「レプチン」といいます。

 

キチンと眠れていなかったり、眠る時間が不足がちになっていたりするると、食欲増進ホルモンの「グレリン」が増えてしまいます。

 

「良質な睡眠」がとれていないと、「グレリン」が増えるばかりではなく、食欲を抑えるホルモンである「レプチン」も減ってしまいます。

 

すると、どんどん食欲がわいてきてしまうんです。

 

食欲がわいてきても「ぐっ!」と我慢できれば良いのですが、普通はそうはいきません。

 

食欲に身を任せてしまいます。食べ過ぎてしまうんです。

 

つまり、太ってしまいます。

 

 

 

 

過剰な食欲はダイエットの天敵です。

 

ダイエットするということは食欲をうまくコントロールすることです。

 

食欲をうまくコントロールしなければなかなか痩せることはできません。

 

ならば、ちゃんと眠って「グレリン」「レプチン」をコントロールして食欲を抑えればいいんです。

 

「良質な睡眠」が確実にダイエットの助けになってくれます。

 

ダイエットだけではなく、「良質な睡眠」をとることで美容効果もアップします。

 

そして、健康になります。

 

 

もしも、ダイエット中で、「なかなかうまくいかないなぁ」と悩んでいる方がいらっしゃるのであれば、「良質な睡眠」をとるようにしてみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

成長ホルモンの分泌量が増える

 

成長ホルモンというのを聞いたことがあると思います。

 

成長ホルモンとは、その名前が表す通り、子供が成長する時に分泌されるホルモンです。

 

成長ホルモンが分泌されることで、身体の骨や筋肉、内臓やその他の色々な器官が成長していくんです。

 

 

そのほかに成長ホルモンが分泌されることで

 

代謝が促進される

 

脂肪が燃焼されやすくなる

 

筋肉が大きくなる

 

美容の効果を得ることができる

 

などが挙げられます。ダイエットや美容にとても効果があるホルモンなんです。

 

 

 

 

成長ホルモンは、眠っている間に大量に分泌されるんです。

 

「良質な睡眠」が成長ホルモンの分泌をさらに促すことにつながります。

 

 

「成長ホルモンは子供や若い人が多く持っている」と思っている人がたくさんおられます。

 

しかし、実際はそんなことはありません。

 

歳をとると、確かに成長ホルモンの分泌量は減少しますが、全く分泌しなくなるということはありません。

 

40代、50代の方でも成長ホルモンが多く分泌されるような生活をしていれば、若々しく、美しく、ダイエットしやすい身体になることができます。

 

 

 

 

そのキーポイントになるのが「良質な睡眠」です。

 

成長ホルモンの分泌を促すためには。眠ることが一番効果的で手っ取り早い方法です。

 

「良質な睡眠」をとれればとれるほど、成長ホルモンの分泌量が増えるようになります。

 

すると、寝ている間でも代謝が上がるようになり、脂肪が燃えやすくなるので、ダイエットしやすい身体になることができるんです。

 

 

 

スポンサーリンク


 
良質な睡眠のための寝具 睡眠のためのバスタイム オススメのサプリメント サイトマップ