良質な睡眠はこれで完璧!

良質な睡眠のための寝具

 

イライラして眠れない夜はなくすためには寝具はとても大切なものです。

 

就寝前にイライラして眠れない夜はなくすために完璧な準備をしても、寝ている間に身体に負担がかかるような寝具を使用しているのであれば疲れは回復しません。そしてストレスになってしまいます。イライラして眠れなくなっているのです。

 

就寝時に普段使っている寝具に横になった時に「気持ちがいいなぁ」と感じることができていますか?その子持ち良さがイライラして眠れない夜の回避につながります。

 

私も身体に合っていない寝具(マットレス)を使っていたためにイライラして眠れなくなったり、肩こり、肩甲骨周辺の痛み、背中全体の痛み、酷い腰痛に長い間悩まされ続けていました。

 

 

 

 

特に腰痛は酷いものでした。

 

身体を変な風にひねると「ビキッ」と背中全体が痛くなり、前かがみになると腰に激痛が走り、しゃがむ時は上半身を垂直にしたままでなければ、これまた激痛に襲われるという最悪の状態でした。

 

一刻も早くイライラして眠れない夜を回避できるように寝具を何とかしなければなりませんでした。

 

色々と腰痛改善策を試してみましたが効果がありません。

 

頻繁にマッサージに通えるほど時間に余裕もありません。

 

そこで体調の改善に良いとされている寝具(マットレス)に代えることに決めたんです。

 

使い始めは、「マットレスを代えたくらいで治るわけがないよなぁ」とあまり期待はしていなかったのが本音です。

 

 

 

 

でも、期待を裏切られました!

 

マットレスを替えたことによって腰の調子が見違えるほど良くなってきました。

 

腰痛に効くという寝具(マットレス)を使い始めると1ヶ月ほどで効果が表れたんです。

 

今ではほとんど痛みを感じることはなくなり、毎日快調です!

 

寝具(マットレス)を代えて、イライラして眠れない夜ををなくすだけでここまで体調がよくなる(特に肩こりと腰痛)ものなのかと大変驚かされ、とても感動しました。今では、現在使っているマットレス無しの生活は考えられなくなってしまいました。

 

 

 

 

もしお使いの寝具に何かしらの違和感や寝心地の悪さを感じているのであれば、マットレスが身体に合っていない可能性があります。

 

身体に負担のかかる寝具を使っているために慢性的な首の痛み、肩こり、背中全体のこり、腰の痛みなどにお悩みの方がたくさんおられます。

 

寝心地の悪さを常に感じている人はマットレスを代えた方がいいかもしれません。

 

そのような方々の多くが寝具(マットレス)を代えたとたんに、身体の調子が見違えるように良くなったと報告されています。

 

 

では、腰痛の改善や体力の回復に効果があり、イライラして眠れない夜をなくす寝具(マットレス)はどのようなものがよいのでしょうか?

 

私の体験を交えながら身体に良い、イライラして眠れない夜をなくす寝具(マットレス)の重要なポイントを紹介していきたいと思います。


良質な睡眠に適したマットレス(敷布団)の条件とは

多少の個人差はあるのですが、人は誰でも一晩のうちに20〜30回ほど寝返りをうちます。
寝返りをうつ理由は、身体の一部のみに圧力をかけ過ぎないようにするためであったり、身体のリンパの循環をよくするためです。

 

スムーズな寝返りは質の良い眠りには欠かせないものなのです。

 

寝返りがうてない寝具(マットレス)を使っているとイライラして眠れなくなるばかりでなく、床ずれしてしまったり、疲れがとれないということになります。

 

今思えば、私も以前は身体がどっぷり沈み込んでしまうような寝具(マットレス)を使っていたため寝返りがうちずらかったです。
そのために身体がおかしくなっていたのかもしれません。

 

良い寝具(マットレス)の条件とは、横になった時に「気持ちいいなぁ」と感じることができて、睡眠中に寝返りがうちやすい寝具(マットレス)ということになります。

 

つまり、イライラして眠れない夜をなくすためには寝ている時の姿勢が大事になってくるんです。


良質な睡眠に最適な姿勢とは

肩こりや腰痛といった身体の不調の原因の多くは、ケガや病気でない限り「姿勢の歪み」が原因となっています。

 

つまり、「正しい姿勢」をとることによって、姿勢の歪みからくる症状は改善されていきます。

 

良い眠りの姿勢も同じで、寝ている時も立っている時の正常な姿勢と同じ姿勢でいることができるかが大事なポイントになります。

 

身体が沈み込んでしまうような寝具(マットレス)を使っている場合、イライラして眠れなくなっている状態になっています。

 

私も以前、酷い肩こりと腰痛に悩まされていた時には、柔らかい寝具(マットレス)を使っていて、下の図のような「悪い姿勢」になって寝ていました。これでは良質な睡眠をとれるわけがありませんよね。

 

こんな感じになって寝ています。

 

 

もしもこのような姿勢になってしまう寝具(マットレス)をお使いなのであれば、肩まわりや腰が沈み込んでしまいます。

 

すると、肩周辺や腰に強い負荷がかかっている状態で寝てしまうことになるのでイライラして眠れなくなってしまい、肩コリや腰痛になってしまいます

 

肩こりや腰痛を解消するためには、

 

このように、立っている時の正常な姿勢になることができる寝具(マットレス)を選ぶことが重要になります。

 

正しい姿勢で眠ることによって、良質な睡眠がとれて、肩こり、腰痛といった症状が改善されます。

 

さらに、疲労も回復しやすくなりスッキリ目覚めることができるようになります。

 

 

私も良い寝具(マットレス)に代えて、正常な姿勢で睡眠をとるようになってからは肩こりと腰痛が劇的に改善しました。

 

そして目覚めも良くなり、活動的に生活出来るようになりました。正に身体に良いマットレスによってもたらされた結果です。

 

正しい姿勢で眠ることによってスムーズに寝返りをうつこともできるようになります。
それによって、リンパの流れもスムーズになりますし、疲れも取れやすくなります。体力の回復にも役に立ちます。

 

イライラして眠れない夜の回避と良質な生活には体に合った寝具選びが大切なんです。

 

 

 

 

こちらから


低反発のマットレスは睡眠に適しているの?

 

一時期流行った低反発の寝具(マットレス)は良い寝具なのでしょうか?

 

私も低反発の寝具(マットレス)が流行った時には、肩こりと腰痛が改善して欲しいという思いから、低反発の寝具(マットレス)を幾つか試してみました。

 

一般的な寝具である低反発マットレスの紹介などでは

 

  • 硬すぎず柔らかすぎない心地よいフィット感が得られる
  • 無理のない姿勢が取れるのでバランスが良い
  • 衝撃を包み込むように優しく吸収する

 

などのことが言われています。これだけを読むと低反発マットレスは身体に優しそうでイライラして眠れない夜を回避できそうです。

 

それでは、低反発の寝具(マットレス)を使って正しい姿勢をとることが出来るのでしょうか?

 

柔らかい寝具で寝た時は、重い部分や飛び出した部分が下へと沈んでいきますね。

 

こんな感じです。

 

 

沈み込んでいるのがよくわかります。

 

先ほどの「正常な姿勢」にはなっていませんよね。
「悪い姿勢」になってしまっています。

 

もしも悪質な低反発マットレスを使ってしまうと体調の改善どころか肩こりと腰痛になってしまう可能性があります。

 

私が使っていた低反発のマットレスのいくつかは、使っていて朝起きると腰痛と肩こりが悪化してしまうものがありました
方と腰にスゴく負担がかかっていたのでしょうね。
「正常な姿勢」がとれていなかった証拠です。

 

そして、柔らかい寝具(マットレス)は寝返りがしづらいということが挙げられます。
例えば、木製の椅子から立ち上がる時と、ふわふわした柔らかいソファから立ち上がる時を比べてみてください。ふわふわのソファから立ち上がる時の方が力が必要になりますよね。柔らかい寝具(マットレス)の上は、動く時に力を必要としますし動きづらくなります

 

低反発の寝具(マットレス)は寝返りしずらいんです。
イライラして眠れない原因になってしまいます。

 

 

 

 

もしも、肩こりや腰痛を持っている方が柔らかい寝具(マットレス)を使っているのであれば、「悪化している悪い姿勢を、低反発の寝具(マットレス)を使って毎日固定している」といっても過言ではありません。

 

最悪、現状維持どころか、少しずつ悪化してしまう可能性さえあります。
「悪い姿勢」で睡眠時間である1日8時間を過ごしているとしたら、睡眠が原因となって身体に様々な痛みや違和感を感じるようになるのは当然なのかもしれません。

 

ただし、一概に低反発の寝具が悪いということはありません。
「低反発素材の寝具が好きだ」という方も多数おられます。

 

 

 

 

低反発の寝具でオススメなのが「トゥルースリーパー」です。
低反発の寝具なのですが、弾力性や復元力に優れています。そのため寝返りもうちやすくなっています。
体温や体圧によって反発力や形が変化する「ウルトラ ヴィスコエラスティック」を採用しているためフィット感が人気です。
人気があるということはイライラして眠れないことを回避できる寝具(マットレス)ということですよね。

 

私も低反発の寝具(マットレス)は色々試しましたが、寝心地と値段を考えると低反発の寝具(マットレス)では「トゥルースリーパー」が一番いいと思います。


本当の良質な睡眠をとるなら高反発マットレス

 

イライラして眠れない夜の回避のために本当に良い寝具(マットレス)は自然な寝返りを助けてくれます

 

身体に余計な力が入らずに楽に寝返りがうてるように常に身体動くようにしてくれるのが良い寝具(マットレス)です。

 

それが高反発のマットレスです。

 

肩こりと腰痛が改善した私が今使っているものも高反発マットレスです。

 

高反発のマットレスを使いだしてから肩こりと腰痛が改善しました。

 

肩こりや腰痛でお悩みの方には、高反発マットレスを断然オススメします。

 

 

 

 

高反発マットレスを使うことで、肩こりや腰痛が改善するだけではなく、自然に寝返りをうつことができるようになります。

 

自然に寝返りがうてるということは、身体の一カ所に圧力が集中してかからないようにするだけでなく、リンパと血液の循環を良くし、疲れをとり体力を回復しやすいという自然治癒力そのものを上げるという効果があります。

 

私をはじめ、高反発マットレスを使っているほとんどの人がイライラして眠れないという事がなくなり、肩こりや腰痛の改善だけではなく、疲れがとれて体力の回復にも効果があると実感しています。

 

高反発の寝具(マットレス)は良質な睡眠をとるために適した睡眠グッズなのです。

 

そして今では、その効果から数々の「医療機関」や「プロスポーツ界」、更には「一流ホテル」までもが高反発の寝具(マットレス)を採用しています。

 

 

 

 

ここで、注意すべき点があります。
高反発の寝具(マットレス)すべてがイライラして眠れないという状況を改善できるかというと、決してそういうわけではありません。

 

もちろん、良い高反発の寝具を選べば疲れもとれて身体の不調も改善に向かいます。

 

しかし、間違った高反発の寝具(マットレス)を選んでしまうと高反発の寝具(マットレス)であるにも関わらず「正常な姿勢」をとることができずに、体調改善に全く効果がないという結果になってしまいます。

 

では、十分に効果を期待できる高反発の寝具(マットレス)とはどのようなものなのでしょうか?


良質な高反発マットレスの基準は?

数多くの高反発の寝具(マットレス)が出まわっていますが、それぞれ硬さも厚さも値段もバラバラです。

 

しかし、高反発の寝具(マットレス)の基準はあまり知られていません。

 

私も初めて高反発の寝具(マットレス)を購入した時、この基準を知らなかったために間違った寝具(マットレス)を選んでしまいました。
「間違った基準の高反発マットレスを使っても体調改善にはほとんど効果がない」ということを身をもって体験できました。

 

「間違った寝具(マットレス)を選んでしまった」ということがないように、良い高反発マットレスの基準を挙げてみす。

 

大事なのは「ウレタンの密度」「マットレスの厚み」です。

 

 

 

 

密度の単位は「D」で表します。この値が高いほどイライラして眠れない状態を回避できる高反発の寝具(マットレス)といえます。
厚さは「10cm」は欲しいところです。「10cm」以下の場合、一般的な成人の身体を十分に支えることに不安が残ります。

 

以下が一般的な商品の「密度」を表したものです。

 

 

  • 0−15 D(kg/m3) 超激安高反発マットレス。名前だけの高反発。1ヶ月も持ちません。シングルは10,000円以下で買うことができます。買う価値がありません。
  •  

  • 20−25 D(kg/m3) 安めの高反発マットレス。耐久性はまあまあです。2年くらいなら十分持ちます。シングルは10,000円〜20,000円で購入できます。ですが、あまりオススメはできません。
  •  

  • 25−30 D(kg/m3) 欧米産の有名ブランドの高反発マットレスがこれくらいです。厚みも十分にあります。使い方によっては10年くらい持ちます。シングルは20,000円〜60,000円で購入できます。良い眠りがとれます。イライラして眠れない夜の改善にも十分に効果があります。
  •  

  • 50−55 D(kg/m3) 買い替えが必要ないくらいの耐久性です。20年以上は余裕で使えると思います。硬さもダントツに硬いですし、厚みもダントツに厚いです。ここまでくると好みの問題になってきます。値段的にもここまでのものは必要ないように感じます。シングルは60,000円〜200,000円で購入できます。非常に良いマットレスですが、値段的によく検討してからの購入が大事です。

 

 

 

 

そして大事なのが、「マットレスの厚み」です。

 

「密度」が高くなると「値段」が高くなりますが、「厚み」も厚くなるほど「値段」が高くなります。
いくら「密度が高い」寝具(マットレス)でも厚みが足りなければ身体の圧力を分散することができなくなるため、良い眠りができなくなる可能性があります。

 

マットレス一枚で成人を支えるために必要な厚みは一般的に「10cm」と言われています。
「10cm」以下の場合は、横寝の時など肩や腰の沈み込みが激しい時などには、どうしても底付き感を感じてしまいます。

 

 

 

 

結論として、最適な寝具(マットレス)は「密度30以上」、「厚み10cm以上」の高反発マットレスです。

 

この基準を満たすものと満たさないものでは体調の変化に圧倒的な差が生じます

 

さらに基準を満たさない寝具(マットレス)はへこんだりフニャフニャになったりしてスグにダメになってしまいます。

 

高反発のマットレスを購入する際はこの点を確認してください。


おすすめの高反発マットレス

上質な高反発の寝具(マットレス)を使用することで上質な眠りができるようになります。

 

そして、、疲労回復や肩こり、腰痛が改善されます。

 

 

寝具(マットレス)の基準についてもお話しましたが、数多くのマットレスの中から理想的なものを探し出すのはかなりの時間と手間が必要になります。

 

そこで、寝具(マットレス)選びの際に重要なポイントとなる、「密度」「厚さ」「値段」の3つのポイントを十分に満たしたオススメのマットレスを紹介したいと思います。

 

 

【モットン】

 

 

「密度」「厚さ」「値段」の3つのポイントを満たした高反発マットレスです。

 

「モットン」の最大の特徴は「腰痛の改善」に効果があるという所です。利用者のほとんどが腰痛の改善を目的に購入していて、多くの人が「腰痛が改善した」と報告してくれています。

 

「モットン」は自分の体重に適したマットレスの硬さを3タイプの中から選べます。自分に適した硬さのマットレスで睡眠をとるという点が、体調を改善するのにとても適しています。

 

他社の同じ品質の有名高反発マットレスと比較してみても、素材や効果は全く劣らないのに半額程度で購入できます。

 

そして、他の会社にはない「モットン」だけの素晴らしいシステムがマットレスのの返品保証です。使ってみて自分に合わなかったら返品できるので安心して購入できます。

 

詳しくは「モットンの公式ページ」と「モットンの口コミと評価のページ」をご覧ください。

 

【モットン】の公式ページはこちら

 

【モットン】の口コミと評価のページはこちら

【13層やすらぎマットレス】

 

 

オススメ高反発マットレスの中でも一番の厚さのマットレスです。なんと27cmもあります。

 

その厚さの訳はウレタンと高反発マットレスなどによる13層構造だからです。

 

計算されつくした設計のため、オススメしているマットレスの中でも一番の寝心地です。

 

しかし、その分値段が高めになってしまいますので2位とさせていただきました。詳しくは詳細ページをご覧ください。

 

【13層やすらぎマットレス】の公式ページはこちら

【雲のやすらぎ】

 

 

これも厚さ17cmもあるしっかりとしたマットレスです。5層構造になっており、高反発スプリングマットと凹凸アルファマットで理想的な体圧の拡散を実現しています。

 

こちらもとても良いマットレスです。片面が春夏用、もう片面が秋冬用になっていて使い分けが可能です。詳しくは詳細ページをご覧ください。

 

【雲のやすらぎ】の公式ページはこちら


まとめ

 

イライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠をとれる寝具(マットレス)のイメージをつかむことはできましたでしょうか?

 

最後にマットレスのランキングを紹介しましたが、3つとも「密度」「厚さ」「値段」の3つのポイントを満たした、素晴らしいマットレスです。

 

 

その中であえて「モットン」を1位としたのは、唯一の返品保証のあるマットレスだからです。

 

気に入らなければ返品して違うマットレスにすることができるんです。この返品保証のポイントは大きいです。

 

 

つけ加えると、私自信も現在「モットン」を愛用していて、腰痛と肩こりが改善しました。

 

さらに、「モットン」を使用する前と比較して断然疲れがとれてスッキリと目覚めることができるようになったんです。

 

 

詳しくは、「モットンの公式サイト」「モットンの口コミ 評価」をご覧ください。

 

イライラして眠れない夜を改善して良質な睡眠をとるには良質な寝具(マットレス)がとても大切ですので、ご参考にしてください。

 

 

「モットンの公式サイト」はこちら

 

 

「モットンの口コミ 評価」はこちら


 
良質な睡眠のための寝具 睡眠のためのバスタイム オススメのサプリメント サイトマップ