イライラして眠れない夜をなくす!

イライラして眠れない

 

 

結論から言ってしまいます。イライラして眠れない夜はなくすことができます。誰でも簡単に良質な睡眠をとることができるんです。

 

ぐっすり眠れて、スッキリ目覚めることができるんです。

 

しかし、

 

「イライラして眠れない」
大変なストレスになりますよね。病気にもなってしまいます。

 

「十分な睡眠時間をとったはずなのにダルいし、疲れがとれていない」
全てのことに対して無気力になってしまいます。やる気が失われてしまいます。

 

「いつも腰が痛いし、朝起きると激痛が走る」
私もひどい腰痛に悩まされていました。イライラします。ツライですよね。

 

「スッキリ目覚めたい」
誰でもこのように思っています。

 

と、このように睡眠で悩んでおられる方が数多くおられます。

 

ぐっすり眠ってスッキリ目覚め、身体が軽くていつも快調!!
イライラして眠れない日々をなくして、毎日を楽しく過ごせたら最高ですよね。

 

 

 

誰でも簡単にイライラして眠れない夜を回避する方法はあるのでしょうか?

 

あります!

 

イライラして眠れない夜を回避して元気な毎日を過ごすのは難しいことなのでしょうか?

 

難しくありません!

 

 

「日本人の5人に1人が不眠症である」というデータも発表されています。

 

不眠症であったり、イライラして眠れない原因はほとんどが「生活習慣の乱れ」にあります。

 

睡眠は健康な人生の基本です。心と身体の両方を回復させるためのシステムです。

 

イライラして眠れない人は、疲労も回復しません、ストレスも解消できません。イライラして眠れない夜をなくして、良い人生を送るためには良い睡眠は必要不可欠なものなんです。

 

きちんとした良い眠りがとれていない人は身体の疲れがとれませんし、ストレスも溜まっていってしまいます。そのためにいつも身体にダルさを感じていたり、免疫力が低下してしまい病気になりやすくなったりします。

 

 

 

 

統計によると人間の睡眠時間は平均すると約 8 時間だそうです。この睡眠時間はだいたい世界共通です。つまり、人生の3分の1は眠っているんです。

 

 

誰でも簡単にイライラして眠れない夜をなくして良質な睡眠がとれるようになれます。

 

そして、ぐっすり眠ってスッキリ目が覚め、充実した人生を過ごせるようになれます。

 

イライラして眠れない夜をなくして良い眠りをとるために普段の生活の中で簡単に取り入れられる方法がいくつもあります。

 

それではイライラして眠れない夜をなくして良い眠りをとる方法を見ていきましょう。


良質な睡眠への目次

自分の睡眠の質をチェックしてみましょう

 

誰でもイライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠をとってぐっすりと眠りたいと思っています。

 

では、自分の睡眠の質はどれくらいのレベルなのか知っていますか?

 

以下にチェック項目がありますのでチェックしてみてください。

いくつ当てはまりますか?

 

当てはまる項目が何個あるかカウントしてみてください。
イライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠をとれているかどうかがわかります。

 

 

  • いつでも眠い
  • いつも体が重く感じたり、ダルさがある。しかし病気というほどのものではない
  • 朝起きても疲れを感じる
  • ちょっとしたことでムシャクシャしてしまう
  • ちょっとしたことでもネガティブな方に考えてしまう
  • 集中しなければならない時に、なぜか集中できない
  • ついボーっとしてしまう時間が増えた
  • 物事に対するモチベーションがあがらない
  • 記憶力が以前よりも落ちたと感じる時がある
  • 暴飲暴食が普通になっている
  • 以前よりも病気にかかりやすくなった
  • 予期せぬことが起きるとテンパってしまう

 

 

合計いくつ当てはまりましたか?

 

3つ以上当てはまってしまった人は良い睡眠をとれていない可能性があります。

 

 

 

 

でも大丈夫、良質な睡眠をとる習慣を身につければ上記のチェック項目のほとんどが改善されるはずです。

 

つまり、イライラして眠れない夜を回避してぐっすり眠れて目覚めも最高!となるんです。

 

 

睡眠の質を改善させるポイントを挙げますのでご覧ください。
誰でも簡単に実践できるものばかりです。

 

イライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠をとってぐっすりと眠りたいと思っておられる方は、自分がやりやすいものから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?


寝具は身体に合っていますか?

 

イライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠をとるためにおすすめなのが、寝具(特にマットレス)を変えることです。

 

マットレスの交換は、劇的に睡眠の質を向上させる最も簡単な方法のひとつなのです。

 

ぐっすり眠れるようになって、思っている以上に疲労が回復するようになります。

 

マットレスを交換することによって、イライラして眠れない夜を回避して簡単に良質な睡眠をとれるようにはなりますが、安い買い物ではありませんよね。

 

マットレス購入の際には、商品選びを慎重に行う人がほとんどだと思います。

 

その場合は、テレビや雑誌でスポーツ選手が良く眠れると紹介しているマットレスを選ぶのもひとつの手ですが、「自分と同じような症状で悩んでいた人」がオススメするマットレスを選ぶことがイライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠をとれるようになる近道になると思います。

 

例えば、腰痛を改善したいのであれば、腰痛の悩みが改善した人が勧めるマットレスを選ぶというのもいいと思います。

 

 

 

 

それでは、ベッドの良さはどこで見極めればよいのでしょうか?

 

それは寝心地といって間違いないと思います。自分が「気持ちいい」と心から思えるものが一番です。

 

家具屋さん等で試しに横になってひとつひとつ寝心地を確認することができますが、実際に一定期間長い時間睡眠をとってみないことには自分に本当に合っているベッドなのかどうかの判断はできません。(一ヶ月くらい無料で試させてもらえればいいのですが、そうはいきません。)

 

 

そのため、たくさんの人がマットレス選びに失敗してしまうのです。

 

イライラして眠れない夜を回避して良い眠りをとるためのマットレス選びに失敗しないために、マットレスに関しての知識と、自分と症状の似た人の感想や評価は重要な判断基準になります。

 

 


良質な睡眠と体温の密接な関係

 

眠りと体温には密接な関係があるのをご存知ですか?

 

人間は体温の変化によって眠くなるんです。

 

ならば、自分の体温をコントロールすれば簡単にぐっすりと眠れるようになってイライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠がとれるはずです。

 

まずはそのメカニズムを見てみましょう。

 

人間の身体には二種類の体温があります。

 

「深部体温」と「皮膚体温」です。
眠りに深く関わっているのが「深部体温」で、身体の中心部の体温のことです。

 

この深部体温をコントロールすることによって簡単に眠りに落ちることができます。イライラして眠れない夜をなくしてぐっすり眠って良質な睡眠をとることができるようになります。

 

 

 

 

一年の中で一番寝やすいと感じる季節はいつですか?

 

日中はポカポカ暖かくて、夜になると寒くなる秋が一年の中で最も寝やすいと感じるのではないでしょうか?

 

その理由は、人間は体温が下がると眠くなるからなんです。
つまり、深部体温を下げればイライラして眠れないということにはならずに、ぐっすりと眠れて良質な睡眠をとることができるんです。

 

 

なぜ、良質な睡眠には体温を下げる必要があるのでしょうか?

 

身体を十分に休ませて回復させるためには睡眠時に深部体温を下げることが重要なんです。

 

睡眠の最も大きな目的は1日を通して活発に働き熱をもった脳を冷やすことです。
夏の暑い夜になると寝苦しくなる理由は、脳の温度が下がらないことも原因のひとつなのです。

 

深部体温が下がれば脳の熱も下がり、イライラして眠れない夜を回避して良質な睡眠をとることができます。
しかし、身体に熱が残っていると睡眠の邪魔をしてしまいます。
良質な睡眠をとって脳と身体を休ませることができなくなってしまいます。
イライラして眠れないということになってしまいます。

 

ぐっすりと眠るためには、深部体温をコントロールすることが重要になります。

 

 

 

 

深部体温は体内時計と密接な関係にあって、朝の4時頃に最も低くなり、夜の7時くらいに最も高くなります。
徹夜したことがある人ならわかると思いますが、どんなに頑張っても朝方の4時頃は猛烈な眠気に襲われます。日常生活のなかで夜の7時くらいは眠くなりにくい時間帯です。

 

幼児の手足は、眠くなってきたり眠りに入ったりするとポカポカとかなり暖かくなりますよね? この手足がポカポカと暖かくなる現象が深部体温を下げて良質な睡眠をとるためのキーポイントなんです。

 

人間の身体は睡眠に入る約1時間ほど前になると、手足の指先に血液が大量に流れ始めます。それによって手足がだんだんとポカポカになってくるんです。

 

 

 

 

なぜ、そんな現象が起きるのでしょうか?

 

それは、身体の中心部の熱を血液にのせて、一番熱を発散しやすい手足に運んでいるためなんです。深部体温の温度を下げて良い眠りをとるための効率的な働きなんです。

 

大人は幼児に比べて、日常生活のストレスや不規則な生活による自律神経の乱れなどがあり、幼児のように手足が温まらない人が多いように見受けられます。
大人は常日頃からのマッサージなどで血液が指先まできちんと流れるようにケアしておくことでイライラして眠れない夜をなくして良質な睡眠がとれるようになります。

 

では、深部体温を下げてイライラして眠れない夜をなくして、良質な睡眠をとるため一番簡単で効果のある方法とは何をすればいいのでしょうか?

 

答えは簡単。

 

お風呂に入ればいいんです。

 


ちょうどよい温度のお風呂に入りましょう

 

イライラして眠れない夜をなくしてぐっすりと眠るためにはちょうどよい温度のお風呂に入ることが一番簡単で効果的な方法です。

 

そして、もう一つ大切なことは「無心になれるくらいリラックスしてお風呂に入ること」です。

 

この2つはイライラして眠れない夜をなくして眠るためにスゴく大切です。

 

 

イライラして眠れない夜をなくして眠るために忘れてはならない大切なことは就寝の2時間くらい前にお風呂に入るということです。

 

お風呂に入った直後に布団に入ってしまうと、深部体温が上がりっぱなしなるためにイライラして眠れなくなるばかりでなく、寝付きも悪くなってしまいます。

 

お風呂に入って上がった深部体温をしっかりと下げてから就寝することがイライラして眠れない夜をなくして眠るポイントの1つです。

 

 

 

 

「お湯の温度はどれくらいがいいの?」

 

とても重要なポイントです。
よく36℃〜38℃の「ぬるめ」のお風呂に入るということを聞きますが、「ぬるめ」の温度は深部体温とさほど変わりがないために十分に深部体温を上げることができません。この温度はイライラして眠れない夜をなくして眠ることにつながりません。

 

反対に、42℃以上の熱いお風呂に入ってしまっては交感神経が刺激され活発になってしまい、目が冴えてしまいます。この温度もイライラして眠れない夜をなくして眠ることにはつながりません。

 

イライラして眠れない夜をなくして良い眠りをとるための適切な温度は約40℃です。
40℃よりも少しだけぬるめが一番です。
この「ぬるめ」がひとり歩きしてしまい。イライラして眠れない夜をなくして良い眠りをとるには36℃〜38℃の「ぬるめ」のお風呂に入るのがいい、と一般に知られるようになってしまったのかもしれませんね。

 

 

 

 

「お湯に入っている時間はどれくらいがいいの?」

 

これが最も多い質問です。イライラして眠れない夜をなくして眠るためには最低でも10分は必要です。それ以下では十分に深部体温を上げることができていない状態のためイライラして眠れなくなってしまいます。

 

反対に1時間以上などの長時間はお湯の温度が下がり、深部体温も下がってしまいイライラして眠れなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。さらに長時間の入浴は体力を消耗してしまうためオススメできません。

 

お風呂場の証明に気をつけることもイライラして眠れない夜をなくすことに効果があります。

 

お風呂場の扉がすりガラスであるなら、お風呂場の照明を消して脱衣所の照明をつけることにより薄暗くなります。
すると、リラックス効果があるばかりではなく、「メラトニン」の分泌を促す効果もあるためイライラして眠れない夜をなくすことにつながります。

 

 

 

 

「イライラして眠れない夜をなくすために最適なお風呂の入り方は?」

 

イライラして眠れない夜をなくすためのおすすめの入浴法は「就寝の2時間くらい前に薄暗くした浴室で約40℃の湯船に10分〜15分くらい浸かる」です。

 

想像しただけで眠くなってきますよね?この入浴法はイライラして眠れない夜を回避する効果バツグンです。

 

そして、心身共にリラックしてお風呂に入ってください。

 

イライラしたりして興奮状態でお風呂に入っても良く眠れません。

 

お気に入りの入浴剤やアロマオイルなどを使ってリラックスできる環境作りを工夫すると、さらにイライラして眠れない夜を回避することができるようになります。

 

 

 

 

何種類もある入浴剤やアロマを色々試してみるのはいかがでしょうか?

 

様々な入浴剤やアロマを試してみることで自分にピッタリのものを見つけることができ、イライラして眠れない夜を回避し、良質な睡眠のための最良のリラックス法を発見できます。

 

それだけではなく、その日の気分によって使い分けができるようになると高いレベルでの睡眠がとれるようになります。
すごくリラックスできますし、楽しいですよ。
入浴剤やアロマオイルは簡単に取り入れることができます。そして、しっかりしたリラックス効果があります。オススメです!

 

 

入浴している時間がないという人は、就寝する前にバケツにお湯を入れて手足湯をすることでお風呂に入った効果を得ることができます。どうしても時間がないけれど良い眠りの時間をとりたいという時にはお試しください。

 

 

 


良質な睡眠のため寝る前の「スマホ」はやめよう

 

現代人が今や手放すことができなくなった「スマホ」
いつでもどこでも知りたい情報を知ることができ、便利なコミュニケーションツールの1つとなっています。

 

しかし、この便利なスマホがイライラして眠れない原因の1つになっています。

 

スマホの画面が発するブルーライトがイライラして眠れない原因になっています。

 

ブルーライトは睡眠を促すホルモンである「メラトニン」の分泌を妨げてしまいます。
そのため、なかなか寝付くことができなくなったり、眠りが浅くなったりとイライラして眠れない、良質な睡眠をとることができなくなってしまいます。

 

更には、スマホで様々なゲームができるということもイライラして眠れない原因の1つです。

 

良い眠りのためには副交感神経が優位になりリラックスした状態になる必要がありますが、寝る直前までゲームをしていると興奮状態になってしまい、交換神経が活発になります。

 

 

 

 

そして、スマホを見る時の目と画面の距離もイライラして眠れない原因となります。

 

テレビやパソコンのモニターにもブルーライトは使われていますが、テレビやパソコンと比べてスマホは目との距離が近すぎるんです。

 

モニターからのライトの刺激が強すぎるために脳が覚醒してしまいます。
その覚醒効果は濃いカフェイン入りの飲み物を飲むことに匹敵するといわれています。

 

これではいくら眠りたくてもイライラして眠れない夜になってしまいます。

 

せめて「就寝の1時間前にはスマホの画面を見ることをやめる」ことがイライラして眠れない夜を回避する秘訣です。


部屋の明るさを調整しよう

 

「寝る時は部屋の電気を真っ暗にすることがイライラして眠れない夜を回避するポイントです。」と一般には言われていますが、真っ暗ならばよく眠れるは限りません。

 

真っ暗な方がよく眠れる人はそうした方がいいと思いますが、人によっては暗闇に不安や恐怖を感じることがあります。逆にイライラして眠れなくなってしまう人もいます。

 

オススメの明るさは0.3ルクスくらいです。街灯も何もない暗闇で見える、三日月の月明かりが理想です。何となく室内が見える程度の明るさです。

 

出来ることなら、蛍光灯の白い光よりも暖色系の光を。さらに、間接照明であればさらに良い眠りをとることができます。
フットライトがあれば、それで明るさを調節するのがいいと思います。

 

安心できるほんの少しの明るさが上質な眠りをとる助けになってくれます。

 

 

 

 

真夜中にトイレに起きた時なども、真っ暗だと物にぶつかってしまったりしてケガをしてしまうかもしれません。
証明のスイッチを手探りで探しあてる手間も省けます。

 

そして、トイレに起きた時も明るすぎる光を浴びることは極力避ける方がよいです。
明るすぎる光を浴びてしまうと、身体が朝だと勘違いしてしまい、体内時計をリセットしてしまいます。すると、ベッドに戻っても目が冴えてしまってイライラして眠れなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

 

「電気はつけっぱなしで寝る」という人もいますが、電気をつけっぱなしで寝ることには何のメリットもありません。
なぜなら、上質な眠りに深く関わっている「メラトニン」明るい所では分泌を抑制されてしまうからです。
メラトニンは夜になって暗くなると分泌が開始されるという睡眠に必要不可欠なホルモンなんです。

 

いくら目をつぶっているからといっても、周りが明るければ脳は光を感知してしまいます。
すると、身体は起きているものと勘違いしてしまいメラトニンが分泌されなくなってしまいます。

 

メラトニンはイライラして眠れないことを回避するためだけに必要なホルモンではなく、抗酸化作用があるとされていてアンチエイジングにも効果があると言われています。
良い眠りと健康と美容のために眠る時の明るさを程よく調整してみてください。


アルコールは控えましょう

 

眠りに入るためにアルコールに頼ってしまう人がいます。
しかし、アルコールはイライラして眠れない原因になります。

 

確かにアルコールを飲むと体温が大きく下がるために飲んだ直後は眠気が襲ってきますが、それはイライラして眠れない夜の始まりです。

 

アルコールは摂取後およそ3時間ほどでアセトアルデヒドという毒素に変わってしまいます。アセトアルデヒドは「交感神経」を刺激して活発化させる作用があるのです。

 

イライラして眠れない夜を回避して良い眠りをとるためには「副交感神経」が優位に働いている必要があります。

 

交感神経と副交感神経の2つが同時に優位を保つということは有り得ないため、交感神経が活発化している状態ではイライラして眠れない状態になってしまいます。

 

 

 

 

更にアルコールを分解しようとして身体がフル回転の活動状態になってしまいます。

 

身体が活動状態の時は浅い眠りになってしまうんです。

 

すると脳や身体をしっかり休ませることができなくなるために、朝起きてもボーっとして疲れが全くとれていないといった状態になってしまいます。

 

アルコールの利尿作用によって深夜や早朝などに目が覚めてしまうこともあります。

 

大量のアルコールを摂取したのであれば酷い二日酔いのオマケまでついてきてしまいます。最低な1日になってしまいますね。

 

付け加えると、アルコールを摂取して眠くなるという効果は1週間ほどで耐性ができてしまうために長続きしません。
しかし、アルコールが眠りの質の低下を引き起こす効果はずっと持続します

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)というのをご存知でしょうか?
その名の通り、眠っている時に呼吸が停止してしまう症状のことです。

 

アルコールには筋弛緩作用があり、その効果によってのどの筋肉がゆるんでしまいます。そのために気道が狭まってしまい気道が狭まってしまい、睡眠中に呼吸が止まりやすくなってしまうのです。
「少量のアルコールなら問題がないの?」という質問がありますが、少量のアルコールであってもアルコールの血中濃度が高くなるために無呼吸になる割合は増えてしまいます

 

どうしてもお酒を飲みたいのであれば、なるべく寝る3時間前までにほどほどの量に抑えると決めておきましょう。

 

そのほかに、カフェインを多く含んだ緑茶やコーヒーなどを飲むことも控えることができれば完璧だと思います。



 
良質な睡眠のための寝具 睡眠のためのバスタイム オススメのサプリメント サイトマップ